おれんじりりぃぶろぐ

きっと何者にもなれないエンジニアのブログ

WindowsにVirtualBoxを使ってubuntu14.04をインストールしてみた

よくやることなんだけど毎回ggrks状態になるので備忘録的にメモを残しておく。

  1. 公式サイトからVirtualBox(VirtualBox platform packages)をダウンロード、インストールを行う。 f:id:orange_lily27:20150517050614p:plain

  2. VirtualBoxを起動して、[新規]から仮想マシンを作成する。
    メモリサイズの割り当てでは最低512MB以上確保する。
    ハードドライブのの割り当ては「仮想ハードドライブを作成する」を選択する。
    ハードドライブのファイルタイプはVDIを選択する。
    仮想ハードドライブの作成では「可変サイズ」を選択する。ちなみに「固定サイズ」の方が高速に起動できるのでディスク容量に余裕がある場合はこちらでもいいかもしれない。

  3. ubuntuのisoイメージをダウンロードする。Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu Japanese Team

f:id:orange_lily27:20150517050230p:plain

  1. 先ほど作成した仮想マシンを起動させる。 起動ハードディスクの選択で先ほどダウンロードしたISOファイルを選択する。
    ubuntuが起動するのでインストールを行う。

  2. デフォルトでは画面表示が640×480になってしまっているので全画面表示に変更を行う。
    ゲストOSを起動中にホスト側のVirtualBoxの[デバイス]->[Guest Additions のCDイメージを挿入]を選択する。
    先ほどマウントしたソフトウェアがホスト側で起動するので[実行する]を選択する。
    仮想OSの再起動を行うと解像度が自動調整されている。

メモ

  • キーボードのキャプチャからのエスケープは「Right Ctrl」で行える。
  • スケールモードからのエスケープは「Right Ctrl + c」で行える。

参考