読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれんじりりぃぶろぐ

きっと何者にもなれないエンジニアのブログ

関西Ruby会議06に行ってきた

ruby

関西Ruby会議06に行ってきた時の感想です。 立派な、るびーりすとになることを目標とはしてはいますが
なにせruby + railsを趣味ではじめて数週間程度のるびービギナーなので解釈間違いしているところもあると思います。

Overview | 関西Ruby会議06

Rubyにみるプログラミングスタイルの進化」

まず午前一発目の基調講演はあのるびーの父@matzさんです。

matzさんご自身のプログラミングスタイルの来歴とrubyが果たしてきたもの
そして今後のrubyについてのお話でした。

  • 高校生の時は俺の考えた最強のプログラミング言語を頭の中でコンパイルしていたw
  • 大学に入り情報、プログラミングについて語る仲間が出来たら言語を作りたいなんて圧倒的な少数派であることが発覚した。
  • テストは書きたくない→勝手にテストを作成、実行して欲しい。
  • 静的型付けが流行っていて悔しい。DRYに反するから型書きたくない。完璧な型推論があれば導入してもいいかも。
  • プログラマーはスキルを身につけると下層に潜っていく傾向がある。ライブラリの人もいれば、言語、OS、ハードへとどんどん潜っていく人もいるが、人それぞれ適切な場所で止まる。私の場合は言語だった。
  • 「私はCプログラマーです」
  • C以外でRubyを実装するとしたら? →Golangかな。
  • ソフトタイピングに注目している。
  • 公共系などお堅いところでrubyrailsを導入したい使いたい時、偉い人を説得するにはどうしたらいいか? → rubyの伝統性をしっかり伝える。あなたが幸せかどうかが重要で辞めたらどうですか(・・?)

午前はこれで終了。午後の部へ。

Railsガイドを支える技術」

Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう」や「Ruby on Rails ガイド:体系的に Rails を学ぼう」で大変お世話になっている@yasulabさんの発表です。

Railsガイドを支える技術 (30分版) // Speaker Deck

こういうコンテンツの作り方、有り方もあるのかと目から鱗な感覚でした。
ハイライト「今日に合わせて出版しました!」かっこいい(゚ロ゚;)

その他のどのセッションもビギナーでもある程度は楽しく聴くことができました。

以下に公開されている発表スライドがまとまっています!

matome.naver.jp